任意整理の手続き

任意整理をするためには、基本的に三つの手続きが必要です。

(1)債務調査
今までに利用した金融業者の契約書、催促状などから、借入金の総額、借入日、利息、返済金額などを調査して、書面に書き起こしましょう。(債務調査票)

(2)支払い計画の作成
債務調査で明らかになった、借金総額をもとに、グレーゾーン金利で契約していた部分を利息制限法で引き直し計算をしましょう。
過払いが明らかになった場合は、元本にあてて借金を減らすことができます。

(3)交渉
支払い計画ができたら、いよいよ業者との交渉です。
(2)番で作成した支払い計画書を業者に送付し、交渉にはいりましょう。

以上簡単に基本的な三つの手続きを説明しましたが、個人で行うより弁護士などの専門家を通した方が交渉はスムーズに進むでしょう。

<<戻る
債務者相談
サイトマップ
債務整理
TOP

Copyright(C)
キャッシングナビ