民事再生のメリット・デメリット

[メリット]
(1)持ち家を取られない
破産とは違い、配当できる財産も配当に回さずにすみ、再生計画にそった返済をすることで借金を整理することができます。
(2)中小企業の場合は代表取締役を交代しなくてもよい
民事再生法では、原則として債務者の自主的再建を援助するという目的から、業務を執行する者を従前のままとします。
(3)差し押さえや競売が中止できます
民事再生の申立てをすると、債権者による差し押さえや競売などの強制執行の中止が行われます。(※民事再生手続きの中で申立人の再生のために、借金の整理をおこなうため)
(4)債務を大幅に減額できます
任意整理や特定調停と違い、債務者の客観的な返済可能な額にまで減額が可能です。(※ただし減額されても、総返済額の下限は決められています。)

[デメリット]
(1)手続き費用が高い
民事再生は破産を避けて、再起を図れるというメリットがありますが、手続きの費用が高額になります。
=個人の場合=
弁護士費用(40〜50万円)
=会社の場合=
弁護士費用(100万円以上)
公認会計士(50〜150万円)
裁判所予納金(150万円)

<<戻る
減額の目安>>
債務者相談
サイトマップ
債務整理
TOP

Copyright(C)
キャッシングナビ