過払い金返還請求シミュレーション

貸金業者の一般的な金利である金利29.2%の場合と利息制限法の上限利息を適用した場合の差額を試算できます。
過払い金返還請求シミュレーション

[入力方法]
借入額50万円なら
→500000
毎月の返済額2万円なら
→20000
返済回数35回なら
→35
全て入力したら計算ボタンを押してください、試算結果が表示されます

※入力した借入額によって、自動的に理想制限法の上限金利で計算するようになっています。
10万円未満
→20%
10万円以上100万円未満
→18%
100万円以上
→15%

[計算例]
借入額50万円、毎月の返済額2万円、返済回数35回で試算すると以下のように表示されます。

金利29.2%の場合
75141円
利息制限法の上限利息の場合
-69591円
差額
144732円

試算結果から金利29.2%の場合は、あと75,141円の返済が残っているのに対して、利息制限法の上限利息の場合はすでに返済は終わっていて69,591円の過払いが生じていることがわかります、過払い分は貸金業者に返還を求めることができます(過払い金返還請求)

※注意
計算は簡易計算で行なっています、試算結果はあくまでも「参考」程度に留めておいて下さい。
債務者相談
サイトマップ
過払い金
TOP

Copyright(C)
キャッシングナビ